小児科や病院内に行くと、看護師がカラフルなパンツスタイルで活躍している姿を見る機会が増えたと思いませんか?海外の医療ドラマなどでもナース服を着用しているシーンなどが減ってきているそうです。過去、ナースの服装といえば白いワンピースでしたが、現在はそのとらえ方も変わってきていると言われています。


看護師を見てリラックスできる服装

看護師というと白衣が定番でしたが、現在はボタンやチャックなどのないシャツにパンツを着用するナースも増えてきています。色や柄も動物や人気のあるキャラクターなどをあしらったものが多く、カラフルな印象がありますね。これは小児科などで積極的に取り入れられていると言われています。この理由として、白衣を見ると患者さんが緊張してしまう、子どもなどは怖くなってどこが痛いのかなどを話にくくなってしまうということが挙げられているそうです。


病院でナース服のルールは違う

白衣の着用などは、病院によって違うそうです。制服のように決まった白衣の着用を行うところ、色やたけなどの指定以外は、好きなものを購入して着用ができる、などです。転職を行う場合は、白衣のクリーニングなどもチェックしたいところですね。小児科では、かわいいエプロンを白衣の上から着用することで緊張感を緩和するという病院もあるそうです。看護の衣装も、時代と共に進化しています。

看護師がなりやすい病気は色々ありますが、地味だけど辛い病気第一位は「不眠症」だと思っています。
過去に何度も不眠症が原因で退職していった看護師を見ているので、是非皆さんにも早めに対策を取っていただきたいのです。


看護師が不眠症になりやすいワケ

分かり切った理由だとは思いますが、看護師はとにかく勤務時間の関係で昼夜逆転しやすいものです。週5日ずっと夜勤ならまだしも、日勤やって、夜勤やってと繰り返していると、睡眠サイクルも生活サイクルもガタガタになりがちです。
また、何かとストレスがたまりやすい仕事でもあります。夜勤明けではお店も開いてないのでストレス発散も出来ないまま家に帰るしかないというのが辛いですよね。
お酒や甘いものを大量に摂る以外での、お家で出来るストレス発散方法があると良いですね。


対策方法

対策としては、「多い方に合わせる」ということが1番です。1か月通してみると日勤の方が多いとは思いますが、1週間単位で見るとどうでしょう?
日勤3日、夜勤1日という1週間でも、お休みの日は飲み歩いてしまって朝帰りが多いという方の場合、「夜起きて朝に寝る」という日の方が1週間の内で多くなってしまいますよね。
そういう時は夜サイクルに合わせてしまう方が良いでしょう。
もしどうしても辛い場合は夜勤なしでも大丈夫な病院への転職することも検討してみましょう。

看護師の方は夜勤もありますが、その際に必要なものとは一体何なのでしょうか?
やはり夜勤ですから限られた人数しかいませんので、みんなのチームワークが必要になってきます。
緊急のナースコールに対応したり患者さんたちの巡回をして記録を付けたりと夜勤は夜勤で仕事が多くあるみたいです。
集中力を保つために看護師が交代で1時間ずつ休憩をとるようにしたりと色々工夫などをして万全にしているみたいですよ。


看護師は大事な存在なんです

入院されている患者さんたちの様子を常に確認しながらの勤務になりますので、とても神経を使うのではないかと思いますが、患者さんたちにとっては大きな存在です。
薬をちゃんと服用したかどうかのチェックも看護師が行いますので、やることは本当に沢山あります。
そんな看護師の方がいて下さるから、私たちは安心して病院で過ごすことが出来るのですね。


話を聞いてあげるのも大事なお仕事

最近ではコミュニケーション能力も求められているみたいです。
患者さんのお話を聞いて受け答えをしたりなどといったことも大切になってきているみたいですよ。
転職される方もそうでない方も頭の中に入れておいていただければと思います。
確かに病院に入院されている方は話せる相手が少ないですからね。
ご家族の方も頻繁には来られないかと思いますし、同じ病室でも人見知りの方は話すことがそう簡単なことではありませんし・・・。
そんな時に看護師が話し相手になってあげるみたいですよ。
それってすごく嬉しいですよね!

看護師の方が転職の際に成功したことや失敗したことについて聞いてみたいとは思いませんか?
これから転職することを考えている方にとっては参考になるのではないかと思います。
まず成功された方の声は、生死にかかわる患者がいなかった為精神的に楽だったというものです。
夜勤が無いので就寝時間が安定した、入院が無いから看護記録を書かなくてもよくなったなどといった声がありました。
成功された方はご自分に合った場所をきちんと選ぶことが出来たのでしょうね。


看護師の転職で失敗したことは?

看護師の方の中には失敗されてしまった方もいらっしゃるみたいです。
専門家が不在の病院だったため、医療機器などを扱う事が増えてしまったという声がありました。
医療業務以外の雑務が増えたり救急指定病院だったため、毎日が本当に忙しかったという声もありました。
やはり、まずはその勤務したいと考えている場所についての情報を集めることが大事ですし実際にお尋ねしてみる必要もあるかと思います。


こんな病院は避けたい!

看護師の方の中にはこんな病院は避けたい、という所があるみたいです。
やはり実際に働いたことがあるからよくわかっているのかもしれませんね。
夜勤の階数が月に8回以上もあるところや、職員の入れ替わりが激しいといった場所は避けられているみたいですよ。
また、近所の評判が悪かったり年齢層が高かったり、雑用が多いのも嫌がられているみたいです。
初めての方はそういったところに注意をしながらお決めになるのが良いかと思いますよ。

現在では看護師の転職広告などをよく見かけたりしますが、その際に気を付けておきたいことがあります。
それは看護師の人数や年齢層についてです。
同僚となる方の人数と年齢を確認しておくことで、いざ働き始めた時に良いかと思います。
また、勤務形態や夜勤について調べておくことも大事ですのでしっかり確認されることをおすすめします。
給料や残業についても事前に調べておいたり聞いておくのが良いかと思います。


看護師の休日や交通費について

やはりその職場が週休2日制なのかどうか知っておくのも大事なことです。
月に何日お休みの希望を聞いてもらえるのか、ということも聞いておかれるのが良いかと思いますよ。
お休みは大切ですからぜひ確認されてみて下さいね。
看護師だからといってもやはりお休みの日くらいゆっくりして次の仕事に臨みたいですものね、お子さんのいらっしゃる方は一緒に遊んだりする時間も大事です。
また、交通費についてなのですがパートの方ですと出ない場合が高いのだそうです。
なので、ここもしっかり確かめておく必要があります。


通勤手段について知りたい

通勤をされる際に電車ではなく車で来られている方もいらっしゃるかと思います。
その場合、駐車場はどうしているのかについて気になりますよね。
病院によっては駐車代をとられたりご自分で病院近くの駐車場を借りなければならない時もあるみたいですので、必ず確認するようにして下さいね。
特に夜勤をされる看護師の方は車で来られることが多いかと思いますので、病院の方や先輩方に質問してみるのが良いかと思います。