看護師は、体力や精神力をかなり削られる職種であるせいか、離職率や転職率がかなり高いといわれています。
では、職場を変えたり仕事を辞めたりしてよかったと思っている人はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?


<看護師が転職を行う理由>

そもそもなぜ仕事を変えたいと思っている看護師が多いのでしょうか?
その理由を追求すると、給料、働き方、人間関係、命を扱うプレッシャーなど、実に様々なものがあがってきます。
その中でも多いのは、やはり働き方の問題だそうです。
確かに看護師は1人で何十人もの患者の看病をしなくてはなりません。
そのため朝から次の日の朝まで働かなければならないというときもあるようで、自分の生活を犠牲にしながら働いているのが現状なのです。
しかしそれでは体も精神も持ちませんから、自分のために辞めていくという選択肢を取る人が多いようです。


<仕事を変えてよかったと思っている人は多い>

看護師という職業に強い憧れを持って働き始めたという人は多いですが、やはり気持ちだけでは生きていくことはできません。
労働に見合わない低い給料、自分の生活を食い物にする労働時間、職場内の派閥、人の命を扱うプレッシャー。
現実にはそのような悩みが押し迫ってきます。
そのため、思い切って転職して、自分の人生を立て直したいと思う人が多いのです。
実際に仕事を変えてよかったと思っている人は多く、みなさんケアマネージャーや保育士などになって悠々自適な生活を送っているそうです。
仕事に何を求めるかやどのようなワークライフを送っていうのかは人それぞれ違ってくるのでしょうが、自分がべストだと思える生活を送るようになれたらいいですね。

Comments closed