看護師がなりやすい病気は色々ありますが、地味だけど辛い病気第一位は「不眠症」だと思っています。
過去に何度も不眠症が原因で退職していった看護師を見ているので、是非皆さんにも早めに対策を取っていただきたいのです。


看護師が不眠症になりやすいワケ

分かり切った理由だとは思いますが、看護師はとにかく勤務時間の関係で昼夜逆転しやすいものです。週5日ずっと夜勤ならまだしも、日勤やって、夜勤やってと繰り返していると、睡眠サイクルも生活サイクルもガタガタになりがちです。
また、何かとストレスがたまりやすい仕事でもあります。夜勤明けではお店も開いてないのでストレス発散も出来ないまま家に帰るしかないというのが辛いですよね。
お酒や甘いものを大量に摂る以外での、お家で出来るストレス発散方法があると良いですね。


対策方法

対策としては、「多い方に合わせる」ということが1番です。1か月通してみると日勤の方が多いとは思いますが、1週間単位で見るとどうでしょう?
日勤3日、夜勤1日という1週間でも、お休みの日は飲み歩いてしまって朝帰りが多いという方の場合、「夜起きて朝に寝る」という日の方が1週間の内で多くなってしまいますよね。
そういう時は夜サイクルに合わせてしまう方が良いでしょう。
もしどうしても辛い場合は夜勤なしでも大丈夫な病院への転職することも検討してみましょう。

Comments closed