小児科や病院内に行くと、看護師がカラフルなパンツスタイルで活躍している姿を見る機会が増えたと思いませんか?海外の医療ドラマなどでもナース服を着用しているシーンなどが減ってきているそうです。過去、ナースの服装といえば白いワンピースでしたが、現在はそのとらえ方も変わってきていると言われています。


看護師を見てリラックスできる服装

看護師というと白衣が定番でしたが、現在はボタンやチャックなどのないシャツにパンツを着用するナースも増えてきています。色や柄も動物や人気のあるキャラクターなどをあしらったものが多く、カラフルな印象がありますね。これは小児科などで積極的に取り入れられていると言われています。この理由として、白衣を見ると患者さんが緊張してしまう、子どもなどは怖くなってどこが痛いのかなどを話にくくなってしまうということが挙げられているそうです。


病院でナース服のルールは違う

白衣の着用などは、病院によって違うそうです。制服のように決まった白衣の着用を行うところ、色やたけなどの指定以外は、好きなものを購入して着用ができる、などです。転職を行う場合は、白衣のクリーニングなどもチェックしたいところですね。小児科では、かわいいエプロンを白衣の上から着用することで緊張感を緩和するという病院もあるそうです。看護の衣装も、時代と共に進化しています。

Comments closed